医師会の休日夜間診療制度|入念に歯の復活を目指そう|インプラント治療を行なう

入念に歯の復活を目指そう|インプラント治療を行なう

歯

医師会の休日夜間診療制度

病院

もし日曜に歯痛が起きたら

現代人は忙しく、歯の健康をしっかり考えているという人は稀です。虫歯になった感触があっても、まだ大丈夫だと思いがちです。そんな油断が、休日や夜間に、急な歯痛が起きる原因にもなります。もし、日曜や夜中に歯が痛くなったら、次の日の歯科の診療時間まで待たなくてはと、非常にやるせない思いになります。しかし、東京大田区においては、日曜日や夜間の急な歯痛に対応できるように、オープンしている歯科があります。大抵の歯科医院は、日曜祭日が休診となっていますが、その時間帯にでも、急患の受付をしてくれるのです。急患として治療を受け、痛みが和らいだからといって、治療を途中でやめてしまってはなりません。中途半端な治療で終わってしまうと、後から症状がぶり返す可能性があるので、きちんと治療が完了するまで、通院することが大切です。

全国でも珍しい制度

急な歯の痛みに苦しんでから、歯科へ行くことがないように、日頃から歯の健康に気を遣うように意識しましょう。大田区には沢山の歯科があるので、自分のかかりつけ歯科を決めておくと良いでしょう。大田区のかかりつけ歯科を決めたら、半年に一回程度の定期健診を行なうようにします。毎日歯磨きをする習慣を身に付けている人がほとんどですが、毎日のブラッシングだけでは歯の汚れが落としきれていない時があります。ブラッシングで落としきれなかった歯の汚れは歯垢となり、虫歯の原因となることがあります。そこで、かかりつけ歯科で定期健診を受けることで、日頃のブラッシングでは取り除ききれない歯垢を取り除くことができます。また、虫歯ができていないかのチェックも出来るので、虫歯の予防に最適なのです。虫歯の治療だけでなく、虫歯の予防をすることが、大田区の歯科で今後より求められていくでしょう。